『キャリアパス制度』
介護の資格のこと

「介護業界」でキャリアップするには?どんな資格があるの?
介護業界で長く働く上でぜひ知っておきたい、キャリアアップ制度についてお教えします。

選べる『キャリアアップ制度』

介護業界では、実務経験の内容や年数によって、努力次第で着実にキャリアアップできる資格制度が整っています。
若い人からシニア世代の方まで、様々な年代の方たちが一緒に働く介護の職場では、年齢や家庭環境によって区別されることなく、誰もが重要な働き手として活躍できます。

介護職員初任者研修

介護職に就く方が、業務を行う上で必要な知識、技術や考え方を身に着け、基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的とた研修です。
昔で言うヘルパー2級と同等の資格となり、訪問介護員に必要な最低限の資格です。
カリキュラムは130時間と定められており、研修の最後に実技試験と筆記試験があり、受講資格は特にありません。
介護職員初任者研修を受講するには、自費で養成校に通学する、ハローワークに申し込み公的な職業訓練として受講する、各自治体の支援制度を利用する、就職先の施設で設けている補助制度を利用する、等さまざまな方法があります。

介護職員実務者研修

実務者研修は、介護福祉士になるために必要な資格で、無資格・未経験からでも取得が可能です。
介護職員初任者研修は介護の基礎となる内容ですが、実務者研修はより発展的かつ専門的な知識を学びます。
カリキュラムは20科目/450時間(他の資格がない場合)で、自宅学習(通信)+スクーリング(通学)構成されています。
初任者研修修了者はそのうち130時間の受講が免除されます。
働きながら介護福祉士を目指す場合、実務者研修の修了は3年以上の実務経験と共に必須となります。

介護福祉士

介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格です。
介護福祉士資格は、介護を必要とする方がたのさまざまな生活行為・生活動作を支援し、支える知識と技術を有する介護の専門資格として認知されています。
介護福祉士を取得するとより専門的な業務を担当したり、リーダーや管理者としてキャリアアップし、組織運営に携わる方も多くいます。長く介護職を続けるなら、ぜひ目指したい資格といえます。

介護福祉士(国家資格)取得への主なルート

介護福祉士になるためには、福祉系の学校に通い、国家試験を受験することもできますし、民間の養成校に通って、介護職員初任者研修や実務者研修を受講し、実務経験を積みながら目指すこともできます。
また、キャリアアップを目指す職員を応援するための制度を整えている施設も増えています。
資格を持たずにパート勤務からスタートした人が、資格取得→正社員→管理職になる!そんなストーリーが生まれるのも介護業界ならではです。